便秘の治療

Welcome

Building on the success of past editions, the 2011 IEEE PES Power Systems Conference & Exhibition (PSCE) is a major power systems event that will provide an exceptional venue for discussing issues and developments as well as for highlighting key vendors with products and services essential to the multifaceted field of electrical power systems.

PSCE will bring together an international group of practicing power systems engineers, operators, planners, policy makers, economists, academics, and others with interest in the profession.

The conference will begin with a timely and valuable plenary session and will also include tutorials on the most up-to-date topics on power systems. Paper-, panel- and poster-sessions and paper forums will be scheduled along with featured Super Sessions on the theme of: The Next Generation Grid – Putting It All Together

Smart sensors, communication and control in energy systems
Smart grid for distributed energy resources
Cyber and physical security systems of the smart grid
Advanced computational methods for power system planning, operation, and control
Emerging software needs for the restructured grid
System-wide events and analysis methods
Intelligent monitoring and outage management
Integrating wind and solar energy into the grid
Substation and distribution automation
Internet tools for better understanding of power systems
Dynamic performance and control of power systems
Market interactions during system-wide events
Asset management
Flexible AC transmission systems
and much more
The Exposition – A Highlight of the Event

The exposition will feature exhibitors that will showcase state-of-the-art software and hardware systems as well as consulting services for those involved with power systems. The conference will feature scheduled times each day devoted exclusively to the exhibits – with no parallel technical sessions – so attendees can focus on the displays and have a chance to speak directly with vendors about the latest technologies.

The Next Generation Grid – Putting it all Together

Building on the success of past editions, the 2011 IEEE PES Power Systems Conference & Exhibition (PSCE) is a major power systems event that will provide an exceptional venue for discussing issues and developments as well as highlighting key vendors with products and services essential to the multifaceted field of electrical power systems.

PSCE will bring together an international group of practicing power systems engineers, operators, planners, policy makers, economists, academics and others with interest in the profession. The conference will begin with a plenary session on a topic of timely importance in the industry. Tutorials on the most up-to-date topics on power systems will be offered. Paper-, panel-, poster-sessions, and paper forums will be scheduled along with featured Super Sessions along the theme of: The Next Generation Grid — Putting It All Together.

Papers are invited on all topics related to electric power and energy with focus on the following areas:

Smart sensors, communication and control in power and energy systems
Smart grid for distributed energy resources
Cyber and physical security Smart Grid
Advanced computational methods for power system planning, operation, and control
Emerging software needs for the restructured grid
System-wide events and analysis methods
Intelligent monitoring and outage management
Integrating wind and solar energy into the grid
Substation and distribution automation
Internet tools for better understanding of power systems
Dynamic performance and control of power systems
Market interactions during system-wide events
Asset management
Flexible AC transmission systems
Submission Requirements: Papers (maximum length 8 pages) must be prepared in accordance with the procedures outlined in the PES Authors Kit, available on the PES website. Full papers must be submitted to the on-line submission and review site; a link to the site will be available from the PES home page. Key dates are:

Submission site open after July 15, 2010
All papers must be submitted by September 30, 2010
If revisions are required, authors will be notified by October 30, 2010
Authors will be advised via email of acceptance or rejection of the paper by November 30, 2010
At least one author of each paper must register for the meeting and pay the appropriate fee before an accepted paper will be released for publication in the 2011 PES Power Systems Conference and Exposition Proceedings or scheduled for presentation during a technical session. Note: Registration deadline for authors may be earlier than the general registration deadline.

Presentation of an accepted paper is a requirement of publication. Any paper that is not presented at the conference will not be included in IEEE Xplore.

IEEE prohibits discrimination, harassment and bullying. For more information, visit

大人15〜35%が便秘に定期的に傾向がある、女性が最初に影響を受けます。多くの場合、十分にご不便、適切な食品、最小限の物理的な活動を克服するために。ここでは腸管通過を復元するための5つのヒントがあります。

消化は、常にバラのベッドではありません。

ストレス、ライフスタイルや食生活の変化と生活(妊娠、更年期障害)の一定期間は、腸管通過を妨害することができます。

腹部不快感、のための結果と膨満感や便秘、特に女性で…幸いなことに、ほとんどの場合、いくつかの簡単な対策は、順番にすべてを置くことができます。

繊維源を多様化

食欲の制御に加えて、繊維は、通過を促進する腸内の水を保持することにより、便量を増やします。

しかし、私たちの食事は通常、あまりにも少ない繊維が含まれています推奨摂取量は30グラム以上であるが、平均して、我々は、一日あたり6〜20グラムを消費します。

状況を解決するには、白パンよりも3倍以上の繊維を提供全粒粉パンを、選択することで、例えば、全粒穀物の消費量を増加することをお勧めします。

消費世紀に10で除した乾燥野菜、:繊維のもう一つの主要な源!レンズ豆、白や赤、豆、ひよこ豆は植物繊維(全粒粉パンの9%に対して)を加えた高タンパク質含有量の10〜15%が含まれています。ナッツとドライフルーツ(アプリコット、プルーン、イチジク)も良いオプションです。

繊維は便秘の過渡のための良好な救済策であれば腸での発酵が膨満感を引き起こす可能性があるので、しかし、それはしかし、徐々に摂取量を増やす必要があります。

果物と野菜毎日

あなたは十分にそれを言うことはありません、あなたは5食べなければならない果物や野菜一日を!

加えて、ビタミンやミネラル、果物や野菜は繊維の特に良い情報源です。

それらはまた、それらの含水量と要素ソルビトールなどの自然に「下剤」の腸通過時間を容易にします。

便秘の場合には、そのようにサラダ、メロン、柑橘類、緑の野菜(ズッキーニ、ほうれん草、ネギ…)以外に食べます。

しかし、サラダの用心!膨満場合は、消化しやすい調理野菜を選択します。

水分補給

便秘のために、することを躊躇しないで飲んでいつもより。適切な水分補給は、腸の内容物の体積が増加し、定期的な排便を促進します。

水、ハーブティー、80〜95%の水を含む新鮮な果物や野菜、に加えて、無糖および非炭酸飲料の2リットルに毎日1を飲むことをお勧めします。

スープ…豊富な供給源の水マグネシウムはまた、その天然の下剤効果のために好ましいです。

プロバイオティクス

消化器内科は、ますますのメリットの話プロバイオティクスです。

彼らは私たちの腸内細菌叢中に既に存在を強化するように、これらの生きた微生物は、消化のために不可欠ないくつかの1000000億細菌で構成された、消化器系に有益な効果を持っています!

各プロバイオティクスはに対して有効であることが証明され、そのいくつかの独自のアクション、持っている下痢、アレルギー、乳糖不耐症…その他腹痛とすることを特徴と、過敏性腸症候群の治療であることが証明されている。

出典:善玉菌を増やす乳酸菌サプリとの関係で日常生活では、プロバイオティクスを見つけ乳製品、乳酸菌やビフィズス菌などの最も有名な輸送を容易にするために、ヨーグルト、発酵乳の定期的な消費を取る習慣があります。

これらの腹筋を働きます!

適切な食事は、便秘と戦うことが必要であるならば、それは無視されるべきではないスポーツをそれは証明されています。

物理的な活動は、腹部の筋肉が募集されている場合は特に、腸管輸送を刺激します。

実際には、毎日の30分の少なくとも同等で行うことをお勧めし歩いて速く。

すべての選択肢が始まる可能であり、ジョギング、水泳、腹部の筋肉を強化します。

便秘を終了する10のヒント

実際の医学的問題にレポートを発信していない限り、便秘はほとんどの場合、悪い習慣にリンクされています。

いくつかの簡単なライフスタイルのヒントは、あなたの消化を改善するのに役立ちます。

1 – もっと飲みます

私たちは知っている:私たちが収まるように、液体の1.5〜2リットルの日の間、毎日飲む必要があります。

特に重要な習慣あなたは十分な水分摂取は便の軟化を促進し、彼らのよりよい避難に寄与するため、便秘される傾向がある場合。水、ジュース、スープ、コーヒーや紅茶に強制することなく、しかし、消費されます。

2 – フレッシュシトラスジュース断食を食べます

柑橘類ジュース(オレンジ、グレープフルーツが…)は、優れた自然緩下剤です。

あなたはそれのためのビタミンを買いだめに加えて、あなたを助けるこれらのジュースのいずれかからの大きな冷たいドリンクを断食毎朝食べるように習慣にしてあれば、あなたの腸の彼らの行動はさらに良くなります。

3 – より多くの繊維を食べます

今日、私たちの食べ物は、天然繊維でかなり貧弱です。現在、これらの食物繊維はあなたの体からあなたの腸を助けます。

そのため、より多くの果物や野菜や豆類を消費し、実質的にこれらの貴重な繊維が不足している、あまりにも洗練された穀物の全粒穀物(米、パスタ、パンを…)好みます。

4 – プルーンと考えます

自分自身を証明されているこれらの果実のプルーン、ジャム、ジュース、自然で効果的な下剤です。

5 – 演習

座りがちな生活は、便秘を促進します。あなたの腹部の筋肉を引き締め、定期的な運動は、より頻繁に便を排出するのに役立ちます。簡単な演習は、あなたの腹部のベルトを強化するのに役立ちます。

6 – あなたの腹をマッサージ

低迷腸を活性化するために、マッサージは優しく、定期的に胃。より良いあなたのパートナーの喜びと結婚するものはほとんど注意をお願いします。

7 – トイレに行くためにあなたの時間をかけて

ストレスとトイレで過ごした時間の不足は便秘を助長しています。

正常な腸の動きが異なる筋肉が良い方向に緩和すべき使用しています。

本や雑誌を取り、よりよいリラックスしてトイレの座席に快適になります。

8 – あなたは定期的なスケジュールを課すください

同時にトイレに毎日あなたを参照してください、あなたはあなたの腸を筋肉が定期的に自分の仕事を行います。

繰り返しますが、あなたの時間を取ることを覚えていて良い習慣は時々取るために長いです!

9 – 我慢しないでください

多くの理由から、一部の人は、組織の要件を満たすことを拒否し、戻って保持しています。

トイレに行くか、彼らがすべてで行くことはありません時間を遅らせたくありません。

10 – 下剤の依存を避けてください

通常、自然に機能することができる時間が経つにつれて、下剤乱用中毒性腸です。